ストレスを溜めないための行動

8月 27, 2016 at 7:37 午前 • Posted in • No comments yet

新しい仕事を行う・職場の人間関係のストレス。誰しも経験する事柄だ。ストレスを溜め込むと体に悪影響を及ぼし、うつ病やパニック障害等のストレス性の疾患にかかる危険性がある。一例として家庭のコンセントに、それ自体は小さな電気容量の電気製品であっても家中のコンセントに差し込んで大量に電気製品を使い続けると一つ一つの容量は小さくても合計すると大きな電気量となり、ブレーカーが落ちてしまう。同じように小さなストレスであっても沢山抱えてしまうと体に悪影響を及ぼしてしまうのだ。

ではどのように不安を軽減できるのか?まず新しい仕事を行う点について考えてみよう。何か新しい事を頼まれる場合、どのような内容かを伝えられて不安を感じるのだから「知識武装」することが効果的だ。その仕事に対しての知識を沢山取り入れるといいだろう。十分な知識はあなたに自信を与え不安を軽減させる助けとなる。

次に対人関係についても考えてみよう。提案として、「職場に一番早く出勤すること」が有益な場合がある。あとから出勤してくる同僚に挨拶を交わして、まず相手に対して個人的な関心を払うのだ。「体調どうですか?」とか「疲れていませんか?」などと言った簡単な気遣いで十分。お菓子などのチョットした差し入れも効果的である。それから会話の中で「人間関係がうまくいくか心配なのですが、先輩は何か心がけている事はありますか?」という質問をしてみるのもいいだろう。頼りにされて嫌がる人間はいないといっても過言ではない。相手に感心をもち、きちんと敬意を払うことが人間関係を上手く保つ秘訣である。