適性がなければ転職を

8月 2, 2016 at 7:24 午後 • Posted in • No comments yet

仕事で感じる不安を放置していた場合、そこから鬱病を発症するケースもあるため注意が必要だ。例えばコールセンターのように日常的にお客さんのクレームに対応する会社で勤めている場合、ストレスから出勤に不安を感じるようになるケースがある。もしもこのような仕事に適性が無いと感じた場合、転職を考える事も大切であるし、先輩や同僚に相談して働く上でどのような気構えでいれば良いのか見直す事も重要なのである。

お客さんの中には、不条理な愚痴を伝えてくるモンスタークレーマーも存在しているため、一つ一つを真面目に受け止めていたら心が持たないものだ。例えクレーマーに対処する仕事でなくても人は勤務内容が自分にあわないと感じた場合、出勤に不安を覚えるものである。特に製造業や営業など特定の業種に飛び込んだは良いけれど成果を上げられずミスが続く場合などにそうなりがちだ。もしもこのようなケースで出勤が怖い場合、自分のミスが一般的なものなのかそれとも個人的なものなのか調べる事が大切である。調べてみれば自分以外の社員達も同じようなポイントでミスを犯している可能性もあるのだ。

また、自己評価が低い人であれば些細なトラブルを大きく捉えて自分を過小評価してしまうケースも多いものである。職場における自分の正当な成績を知りたい場合、信頼できる先輩や上司に話をする事が大切である。自分を過小評価している人は多くの場合、自分の殻に閉じこもって第三者の声を聞かない特徴がある。たとえ短所が見つかったとしても、代わりに長所で補うなり短所を克服するなりとチャンスに変えることが重要である。